• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アジアではマシだが 森友問題で日本も賄賂天国まっしぐら

 日本で過去1年間に政治家、公務員等にワイロを送った人は0.2%――。世界各国の汚職などを監視する国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」(TI=本部ドイツ)が7日、アジア太平洋地域の腐敗指標を公表した。

 対象は日本や韓国、中国、マレーシア、タイ、ベトナム、インドなどの16カ国。2万2000人に無作為抽出の電話調査を行った。過去1年間に官庁や学校、病院、裁判所などの公共サービスを利用したと答えた人を対象に「その際、ワイロを渡したか?」と尋ねたところ、「はい」と答えた人は日本では0.2%。インドは63%、ベトナムは61%、中国は21%、韓国は2%という結果になった。

 途上国では、市民が役所の窓口でワイロを要求され、学区の便宜などを求めて教師につけ届けをするのが常態化している。アジア全体の平均が25%で、日本は“クリーン”なイメージがあるが、一方で、日本人の多くが警察、公務員、政治家には不正があり、腐敗していると考えているのも事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る