これからが旬の牡蠣 自宅でおいしく楽しむコツをプロ伝授

公開日: 更新日:

 10月も半ばを迎え、牡蠣(かき)好きにはたまらないシーズンだ。最近はオイスターバーが各地にできるようになり、一年を通して牡蠣を食べられるようになっているが、一番はこれからだろう。

 スーパーや魚屋でむき身の生食用を買ってくれば、それほど手間いらずだが、さて味つけや食べ方はどうするか。水産ジャーナリストの西潟正人氏におすすめを聞いた。

「牡蠣料理は、生でつるっと食べたり、焼いたりするのを除くと、クラムチャウダーやパスタ、コンフィなど西洋風のメニューが目立ちます。そういう料理は、今風にいえばインスタ映えしてよさそうですが、個人的には好きじゃない。イチオシは牡蠣飯と土手鍋です」 牡蠣飯は、米1合を茶わん3杯分として牡蠣を3つ。炊飯ジャーに好みの米の量で牡蠣を用意し、その分の水を張ったら、塩としょうゆを少々。あとは炊くだけだ。炊きあがってフタを開けると、磯の香りが食欲をバンバンそそる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る