育児中に親世帯と同居は得か損か 識者が“盲点”アドバイス

公開日:

「背に腹は代えられない。義母に頼るしかない」

 神奈川県在住だった聡子さん(39=仮名)は、2人目の息子が生まれたばかりの時、都内の義母の家に引っ越した。

 オムツ代は2人で毎月2万円近く、ミルク代も数千円、肌着や服も大人より高く、それにベビーカー3万円、チャイルドシート3万円、ベビー用ベッド1万円……毎月の支出が7万円余りも増えていたから、同居すれば金銭面でも楽になると期待していた。

 ところが、アテが大きく外れた。第一に、保育園に入園できなかったこと。入園のポイント制度で、祖父母との同居は減点されるためだ。

 泣きわめく赤ちゃんと3歳になったやんちゃな息子が一日中家にいる。義母もストレスがたまってきたのか、「子供の寝顔しか見たことないなんて、愛情が伝わらないわよ」などと嫌みを言われ続け、とうとう「働いているのだから、少しは食費などを出すべき」と月7万円を請求された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る