田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

賭け将棋の真剣師と師範の勝負に子供ながら緊張感を覚えた

公開日: 更新日:

 1964(昭和39)年2月。将棋に夢中になっていた私(当時13)は、中学校からの帰り道に、民家の1階にある将棋道場をガラス越しによくのぞいた。

 私は当時、東京の荒川区南千住に住んでいて、歩いて数分の都電荒川線・三ノ輪橋の電停の近くにその道場があった。

 道場は12畳ほどの広さ。紫煙がけむる中で大人たちが将棋を指していた。子どもが気軽に入れる雰囲気ではなかったが、もっと上達したいという思いが募った。母親を介して事前に了解を得て、その道場に初めて行った。

 私が最初に指したのは年配の席主の人で、アマ三段の棋力だという。平手の手合で指したが、もちろん歯が立たなかった。席主は私を8級に認定し、「また、おいで。どんどん指せば強くなるよ。子どもだから席料は50円でいいよ(通常は100円)」と励ましてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る