曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

華うさぎ(南船場)店名を冠した丼は来店者の3分の2が注文

公開日:

 南船場にある小さな割烹「華うさぎ」、夜のメニューが5400円のおまかせコースのみというシンプルさ。理由は三浦貴之さんが一人で営むために、あれこれ注文されても対応できないかららしい。「なのでリーズナブルなコースを一つだけ提供している」と話す。内容は材料で替わるらしく、日々同じではない。付き出し、造り、煮物、焼き物、天ぷら、食事、デザートと本格仕様で、「この内容ならかなりお得」と通いつめるサラリーマンが多いようだ。

 本町・心斎橋界隈で働いている人たちに人気なのが同店の昼メニュー。おさかな定食(950円)などの定食類と丼物が中心だが、そのうち店名を冠した華うさぎ丼(600円)は、来店者の3分の2が注文するほど。

「当初はワンコインランチとして売り出したのですが、物価高騰のあおりを受けて100円だけ値上げしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る