曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

華うさぎ(南船場)店名を冠した丼は来店者の3分の2が注文

公開日: 更新日:

 南船場にある小さな割烹「華うさぎ」、夜のメニューが5400円のおまかせコースのみというシンプルさ。理由は三浦貴之さんが一人で営むために、あれこれ注文されても対応できないかららしい。「なのでリーズナブルなコースを一つだけ提供している」と話す。内容は材料で替わるらしく、日々同じではない。付き出し、造り、煮物、焼き物、天ぷら、食事、デザートと本格仕様で、「この内容ならかなりお得」と通いつめるサラリーマンが多いようだ。

 本町・心斎橋界隈で働いている人たちに人気なのが同店の昼メニュー。おさかな定食(950円)などの定食類と丼物が中心だが、そのうち店名を冠した華うさぎ丼(600円)は、来店者の3分の2が注文するほど。

「当初はワンコインランチとして売り出したのですが、物価高騰のあおりを受けて100円だけ値上げしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る