橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

暗闇スキンシップで見えてくる世界とは

公開日:

 知人に「暗闇バー」なるところに連れて行かれた。店内は照明を極端に落とした空間になっている。目がなれるまで隣にいる人の顔が見えないほどだ。

 でも、なぜかリラックスできる。周囲がよく見えないことで、緊張感がほぐれてストレスから解放されるからだろう。部屋が暗いと会話も「ひそひそ声」になるから面白い。居酒屋で大声をあげて飲んでいるオヤジたちは一度行ったほうがいい。

 この体験を28歳の甥に話すと「暗闇バーは、バズってますね」と言う。

「えっ、バズっている?」

 意味が分からない。聞いてみると、バズっているとは、ネット上で特定の単語や話題が爆発的に広まっている状態を意味するもので、英語のBuzz(バズ)というマーケティング用語だという。なるほど。ならば、この連載もバズってほしいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る