お洗濯マイスター・山縣義文さんは家族の分まで毎日洗濯

公開日: 更新日:

 ライオン「快適生活研究所」の山縣義文さん(59)は「お洗濯マイスター」として、さまざまなメディアで活躍。適切な洗濯の仕方を世に広める伝道師だ。

「入社以来、ずっと商品開発や基礎研究をしてきたので、一般のお客さまにどうお話しすればいいのか、当初はずいぶん戸惑いました」

 同社の「マイスター制度」は2011年7月にスタート。当初は、洗濯、オーラルケア、リビングケア、ヘルスケアの4分野に1人ずつ任命された。翌8月には「快適生活研究所」が設立。現在7人に増えたマイスターを中心として、消費者への情報提供のための実験・調査、広報活動などを行っている。

「専門用語は使えませんから、身近な別のものに例えなければなりません。例えば界面活性剤の構造については、マッチ棒を使って説明しています。頭薬の部分は水となじみやすく、軸の部分は油となじみやすい、だから水にも油にも溶けて汚れが落ちるんですよと。ですが今の小中学生にはマッチ棒と言ってもわからないので、マイクに置き換えて説明しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る