【JR国分寺編】多摩湖線沿いの路地のスナックに聞き込みを

公開日: 更新日:

 JR国分寺駅南口の前には大手商業施設があり、チェーン店の居酒屋がちらほら。でも少し歩くともう住宅街で、飲み助には物足りない。北口東側には、“東京一安い店”な~んてうたってる居酒屋などが。学生で賑わってるけど、ディープって感じじゃないわね。

 で、北口西側。西武多摩湖線の線路に沿った路地に入る。日も落ち、暗くなった路地は人通りが少ないけど、小さな飲み屋や雀荘の明かりがポツポツ。風俗っぽい店もあり、ちょっと怪しげな空気が漂ってた。

 と、小さな路地と交差する四つ角に一風変わった店が。小料理屋風だけど、暖簾に平仮名で“すなっく”と書いてある。暖簾のスナックって珍しい。興味をそそられすりガラスの引き戸を開けた。

「バブルのころ、この周辺はスナックやクラブ、割烹が軒を並べてずいぶん活気があったのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る