ハリケーン被災地で空き巣被害…そこから広がった善意の輪

公開日:

 先月、米東部ノースカロライナ州を中心に甚大な被害をもたらしたハリケーン「フローレンス」。その復旧作業に赴いていた兵士の自宅が空き巣被害に! ところが、それが意外な“善意の連鎖”を生んで……。

 米誌ピープル(10月4日付電子版)などによると、ノースカロライナ州軍の衛生兵であるルイス・オカンポさん(24)は、洪水の被害が著しかった同州ニューバーンで10日間、復旧作業に当たった。

 そして任務が終わり、9月21日、同州シャーロットの自宅に帰って衝撃を受けた。留守の間に、自宅が空き巣被害に遭っていたのだ!

 ルイスさんは“事実婚”の相手ケイリー・フィンチさん(20)と一緒に暮らしているが、ケイリーさんは犯行があった夜、まだ赤ん坊の息子と一緒にルイスさんの実家に行っていたので無事だった。しかし、現金はもちろん、銃や、祖母が収集していた世界各地の硬貨、貴金属、ノートパソコン、テレビ、ゲーム機など金目のものは根こそぎ奪われていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る