ドロンズ石本
著者のコラム一覧
ドロンズ石本タレント

食レポに俳優とマルチに活躍中のタレント。ラーメン食べ歩き番組のMCも務める食通で、飲食店「馬肉屋たけし」のオーナーでもある。

ラーメン激戦区荻窪の老舗「手もみラーメン十八番」

公開日:

 さ~今回は中央線荻窪駅に行って来ましたよ~。荻窪といえば、言わずと知れた東京のラーメン激戦区のひとつ。僕が向かったのは、北口から歩いて約2分の手もみラーメン十八番さんです。昭和の雰囲気を漂わせている界隈にあり、どこか落ち着くのよ~。そんな街角にあるお店は夜12時だというのに行列があり、ここだここだと並びました。10分ほど待って店内に入ると、カウンター席のみで、良い雰囲気じゃないですか!

 1番人気の特製十八番ラーメン850円を頼んで待つこと4分、来ましたよ~。湯気立つ丼からはニンニクの香りがほのかにして、食欲をそそります。そのスープはというと、熱い! 出来たてなのはもちろん、油膜が張って、熱々を封じ込めているんですね。優しい醤油ベースにニンニクが効いて、見事な一体感。ニンニクがスープに溶け込んでいる感じで、これだけで癖になるねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る