キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

田子牛はニンニクで育つ「ニンニクの首都」のブランド牛

公開日:

 ニンニクはパワーの源。新陳代謝を活発にし、強精作用があるといわれています。牛に与えれば元気に育ちそうですよね。ビールを飲ませて育成する松阪牛、オリーブを食べさせる小豆島のオリーブ牛がいるのだから、ニンニクを食べさせる牛はいないものか? と思ったら、青森県にありました。県南の内陸部にある田子町は、人口6000人ほどの自然豊かなところです。ニンニクの生産量が日本一で、「ニンニクの首都」と呼ばれています。

 本州最北端の青森でも、田子町は一年中寒冷というわけではありません。春にはヒバリがさえずり、夏にはカブトムシやクワガタが樹木の蜜を求めてやってきます。秋には全国的に有名な「田子にんにく」が出回り、冬は山の深い雪がゲレンデをつくり、スキーやスノボを楽しめます。

 このメリハリのある四季が、豊富な実りを与えてくれるのです。田子牛は田子町の大自然の中で、きれいな湧き水を飲みながらのびのびと育ちます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る