常連さんに作法を学ぶ…那須温泉元湯「鹿の湯」のにぎわい

公開日:  更新日:

 軽井沢と並ぶ人気の避暑地として知られる栃木県の那須地方は、これから紅葉の見ごろを迎える。東京から東北新幹線で1時間。一足早く温泉とグルメのリゾート地を訪ねた。

 さまざまな温泉が密集している那須にあって、最も歴史が古いのが那須温泉元湯「鹿の湯」(℡0287・76・3098)だ。発見は630年ごろ、ざっと1400年近く前になる。白鹿が矢傷を癒やしていたことから、その名がつけられた。

 泉質は硫黄泉。「卵が腐ったような」と表現される、あのにおいが特徴だ。

 午前8時の営業開始(~午後6時)に合わせて出かけると、川沿いの木造家屋は、すでに多くの客でにぎわっていた。400円(平日、土日祝は500円)を払い、明治時代に建てられたという風呂場に進む。板の間に、大人4人でいっぱいになりそうな木の湯船が2つずつ、合計6つ並んでいる。手前の向かって左から41度、42度、43度、44度となっていて、奥の2つが46度と48度。常連のひとりも「奥には入れないよ」と諦めるほどの熱さだ。湯に入っているよりも、板の間に座って休んでいる客の方が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る