牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

酔って床に転がるとき、あれば心強い「腹巻きとももひき」

公開日:

 自分はそれほど肥満ではないと思っていたが、徐々に体がまるっこくなって腹が出てきた。そして、出てくることと何か関係があるのかどうか分からないが、その腹が冷えやすい。冷えると下痢ぎみになる。それで昨年の冬、初めて腹巻きを買った。寅さんが巻いているような、ラクダ色のゴワゴワした厚いのにするつもりだったが、ずいぶんいろいろなものがあり、薄手のよく伸び縮みする乳白色のやつにした。さっそくつけてみると、ポカポカして腹の調子もいい。最近は、ズボンの下のももひきも欠かせなくなった。

 五十を過ぎてこういうものにお世話になるようになったが、それとともに酒の飲み方もずいぶん変わってきた。以前はバーでウイスキーを頼むとき、覚えたての銘柄を得意になってバーテンダーに注文していたが、このごろは、

「何になさいますか」

「なんでもいいです。でも、そんなに高くないのね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る