部下の爪が気になる…靴先からのぞくネイルは注意すべき?

公開日:

 一概に「これが正解!」と言えないのが、マナー。TPOってよく聞く言葉ですよね? 私はこれにPを2つ加えて「TPPPOが大切」とよく話します。

 Tはタイム、Pはプレイス。そこに加える2つのPはパーソンとポジション。そしてOはオケージョン。TPPPOは商標登録している私の造語で、「時と場所、相手、自分の立場によって変わっていくのがマナー」という意味を込めています。

 ファッション業界や美容業界で働いているなら、サンダルやパンプスからネイルした爪がのぞいていても、お客さまや取引先は「マナー違反」とは思われないでしょう。しかし、一般的なビジネスの場なら、オープントウの靴からネイルが見えるのはマイナス評価になりかねません。そもそもビジネスの場では、オープントウの靴は控える方が無難なのです。

 女性のビジネスシューズの格付けでいうと、一番上のランクは前も後ろも開いてないプレーンパンプス。オープントウやバックストラップのパンプスはその下のランクに位置します。足の爪のネイル以前に、オープントウの靴はビジネスの場にはおすすめできないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る