はまの屋パーラー 有楽町駅前のビル地下にあるレトロ空間

公開日:

 どこの街にも時代に取り残されたようなレトロな喫茶店はあるが、経営はおおむね厳しい。しかし、有楽町駅前という飲食店の激戦区で、おまけに周辺にはスターバックスやドトールコーヒーが集客を競っているという立地なのに、客足の絶えないレトロ喫茶店がある。「はまの屋パーラー」だ。

 名前からして古めかしいこの店は1967年、最高級ホテルとして知られるペニンシュラホテルが立つ場所で創業した。その後、現在の場所に移転し、今年、創業51年目を迎える。次から次へ訪れる客のほとんどが注文するのはサンドイッチだ。「1番人気が玉子サンド、次がフルーツサンドですね」と店長の塩釜紘氏は語る。

 自慢の玉子サンド(620円)はゆで卵をつぶしたものではなく、ほどよく塩味の効いた卵焼きをパンで挟んだもの。レシピを聞くと極めてオーソドックスなのだが、なぜかめちゃくちゃうまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る