池田保行
著者のコラム一覧
池田保行

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

高級スーツの「お台場」や「本切羽」は何の意味もない

公開日: 更新日:

 これまで何着かスーツをオーダーしたことがあり、多少なりともスーツについて詳しいと自負されている読者なら、「お台場仕立て」や「本切羽」という言葉を聞いたことがあるだろう。

「お台場」とは内ポケット周囲を表地と共地で仕立てることで、その張り出した生地の形状から名付けられた仕様。「表地をぜいたくに使うお台場は高級仕立てに違いない」と思い込んでいる人は少なくない。

 一方、「本切羽」はジャケットの袖ボタンを外せば袖が開くことをいう。購入時に袖丈を修理する際、「本切羽にしますか?」と聞かれるが、ここでも言われるままに従ってはいないだろうか。

 他にも、舟形の胸ポケット「バルカ」や、前面に硬い毛芯を使った「フルキャンバス仕立て」など、“高級スーツ”といわれる代名詞的用語はいくつもあるが、そのほとんどが「何の意味もない」ということをご存じだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る