岡野雅行さんの屈強な肉体は「つゆだく鶏そぼろ」のおかげ

公開日: 更新日:

 20年前、サッカー日本代表をW杯初出場に導いたFW岡野雅行さん(46)。現在は現役最後に所属したガイナーレ鳥取の代表取締役GMを務め、ロシアW杯ではテレビ解説でも活躍した。サッカーを始めたのは小学校入学前、両親に地元・横浜のクラブに入れられたことがきっかけだった。

「一人っ子で、テニスをやっていた母の友だちの子供と遊ぶことが多かったのですが、女の子ばっかりでね。男の子の輪に入るのは怖かったので、心配した両親がサッカークラブに無理やり入れたんです。泣きながら連れて行かれたのを覚えています」

 書家で“昭和の三筆”のひとりとして知られる、手島右卿の長女の母・たみ子さん(78歳)も教育熱心で書道、野球、水泳、テニスも習ったが、夢中になったのはサッカー。

 堅実な公務員や書道など芸術で身を立てる親戚が多かったが、「好きなことはとことんやれ」が両親の教育方針。父はコーチ、母は審判の資格を取得し、息子をサポートした。食卓での話題はサッカー、そんな時のおやつは煮干しだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る