岡野雅行さんの屈強な肉体は「つゆだく鶏そぼろ」のおかげ

公開日:

 20年前、サッカー日本代表をW杯初出場に導いたFW岡野雅行さん(46)。現在は現役最後に所属したガイナーレ鳥取の代表取締役GMを務め、ロシアW杯ではテレビ解説でも活躍した。サッカーを始めたのは小学校入学前、両親に地元・横浜のクラブに入れられたことがきっかけだった。

「一人っ子で、テニスをやっていた母の友だちの子供と遊ぶことが多かったのですが、女の子ばっかりでね。男の子の輪に入るのは怖かったので、心配した両親がサッカークラブに無理やり入れたんです。泣きながら連れて行かれたのを覚えています」

 書家で“昭和の三筆”のひとりとして知られる、手島右卿の長女の母・たみ子さん(78歳)も教育熱心で書道、野球、水泳、テニスも習ったが、夢中になったのはサッカー。

 堅実な公務員や書道など芸術で身を立てる親戚が多かったが、「好きなことはとことんやれ」が両親の教育方針。父はコーチ、母は審判の資格を取得し、息子をサポートした。食卓での話題はサッカー、そんな時のおやつは煮干しだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る