【ちりめんパルメジャーノ】調味料いらず 自然の塩分が絶妙

公開日: 更新日:

 日本では“粉チーズ”として人気のパルメザンチーズ。

 これが板状のおつまみチーズに変わる。見栄えも面白いので、インスタ映えもしそうだ。

 フライパンに置いてパリパリに焼くだけの手軽さだが、いままで知らなかったのが悔やまれるほどうまい。

 焼きたてのパリパリは食感が楽しいが、冷めてしっとりすると、チーズのコクをより感じられるようになる。

「パルメジャーノを焼いたものは、フレンチでは前菜の付け合わせや生ハムのサラダのアクセントとして添えられるんです。お店では出していませんが、今回はちりめんを加えてみました。チーズとちりめんの自然な塩分が、熱を通すことで、ほどよい風味になります」(内田さん)

 急な来客にささっと出しても、株が上がる。調味料いらずなのも、うれしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る