餃子でしのぎ削る 王将フードとイートアンドの生涯給与は

公開日:

 今夏は猛暑や台風上陸などといった天候に左右されましたが、昨年の長雨に比べると、外食産業の客足は伸びています。今回の損得は餃子(ギョーザ)でしのぎを削る2社の社員待遇を比較してみます。

 王将フードサービスは1967年創業、京都市に本社を置く中華料理レストランチェーンの「餃子の王将」を運営する会社です。今年3月現在で国内外736店舗を展開しています。スタンプキャンペーンやスマホアプリ導入などの販促で、顧客の来店頻度を増加させています。

 対するイートアンドは1969年創業。東京・品川区に本社を置き、餃子を中心とする中華料理チェーン店の「大阪王将」、ラーメン店の「よってこや」「太陽のトマト麺」などを運営しています。今年6月現在で海外含め489店舗を展開しています。

 前期の連結売上高は王将フードが781億円、イートアンドが282億円です。経常利益も58億円と7億円で、王将フードが上回りました。社員の平均給与はどうでしょうか。有価証券報告書によると、王将フードの平均年収は494万円、イートアンドはそれより51万円多い545万円です。これらのデータを基に年齢別の推定年収を試算すると、ピーク時の50歳では王将フードが562万円、イートアンドが679万円となり、117万円の差があります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る