人気飲食系コンサル「外食虎塾」代表・安田久さんの巻<2>

公開日: 更新日:

 今回は、富山ナンバーワンをご紹介します。

「鮨人」さんの店主・木村泉美さんは、寿司職人としては異色の長髪スタイルですが、仕事ぶりはどこまでも丁寧。もちろん髪は後ろで束ねて帽子をかぶり、白衣を着ていますから、店の清潔感はバッチリです。

 ランチと夜の営業で、どちらも予約がとれない人気店ですが、カウンター10席のうち4席は当日用に空けています。順に予約を受けていれば、間違いなく予約で埋まるので、万が一、当日ご新規さんが来なければ、店は売り上げを落とすことになりますが、ご新規さんとの出会いを楽しみにする心意気がいい。で、もちろん埋まります。

 のれんをくぐった人はまずシャリを切るシーンに驚くでしょう。釜は自作で、シャリに使うササニシキは実家で栽培したものです。その新米を冷蔵庫に1年分ストックしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る