自治体に聞いた 鹿児島県霧島市に移住者が増えているワケ

公開日: 更新日:

「住みたい温泉地の全国1位」の鹿児島県霧島市は、西郷どんがたびたび家族で訪れ、坂本龍馬が新婚旅行に選んだ地としても知られる。実はここ、移住者数も多く、2014年度に69人(うち中学生以下の子どもが16人)、15年度に121人(同20人)、16年度に161人(同56人)、17年度に169人(同57人)と3年間で2.5倍。今年度はすでに4~8月の5カ月間で、65人が移住しているという。目立つのは東京、大阪、福岡からの移住者だ。

 有名温泉地は全国に多数あるが、大都市から、これほど霧島市に集まるのはなぜなのか。霧島市の担当者に聞いた。

「空港からの近さを理由に挙げる移住者が多いですね。市街地にあって、東京から鹿児島空港は最短100分。さらに、空港から温泉まで車で10分のアクセスの良さも好評です。比較的若い40代前後のファミリーも移住しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  6. 6

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  7. 7

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  8. 8

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  9. 9

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  10. 10

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

もっと見る