C・ロナウドやトランプの疑惑で注目 “口止め契約”は有効か

公開日:

 欧米では今、イタリア・セリエAのユベントスに所属するクリスティアーノ・ロナウド(33)の性的暴行疑惑に関する報道一色だ。2009年に米ラスベガスのホテルで元モデルの女性が被害に遭ったといい、女性には、口止め料が支払われたという。口止め料といえば、最近発売されたトランプ米大統領と不倫関係を持ったポルノ女優の暴露本にも出てきた話だ。

 果たして“口止め契約”は有効なのか。スキャンダルがバレた場合、契約違反を理由に反撃できるのか――。契約に詳しい中川亮弁護士(第二東京弁護士会)に聞いた。

「公序良俗に違反する契約は無効です。例えば、『誰々を殺せば100万円支払う』という契約を結んで、実際に殺害を実行したが、100万円が払われなかった場合、裁判所に訴えても、裁判所は『払え』とは言ってくれません。刑事責任が問われる性的暴行はもちろん、民事上の不法行為になり得る不倫についても、その口止め契約は有効とならない可能性が高いと言えます」

 カネを払っても払わなくても、犯した罪は消えないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る