「愛犬を引き取って」がん患者が託した悲痛な手紙の“結末”

公開日: 更新日:

 米ミズーリ州セントルイス郡の動物保護施設「ストレイ・レスキュー」に10月1日、悲痛な手紙が届いた。「シェル」というメスの犬を飼い、闘病の末に亡くなったというがん患者の女性からだった。
手紙にはこう書かれていた。

「親愛なるストレイ・レスキュー様。私の愛犬シェルを引き取っていただきたく、この手紙を書いています…ここ数カ月、がんと闘ってきましたが、もしこの手紙を読まれているなら、私はもうこの世にはいないということです。私のかわいい子の世話をしてくれる方が必要です…最近、この子に何が起きるかを心配してばかりいます。この子を愛しています。私の娘なのです」

 ストレイ・レスキューは翌2日、この手紙とシェルの写真をフェイスブックに掲載。シェルを無事に保護したことを報告し、誰か引き取ってかわいがってほしいと訴えた。

 愛犬を心から心配する女性の思いが切実に伝わってくるこの投稿は多くの人びとの胸を打ち、急拡散。約2000人がシェアし、4000以上の「いいね!」がつけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る