「愛犬を引き取って」がん患者が託した悲痛な手紙の“結末”

公開日:

 米ミズーリ州セントルイス郡の動物保護施設「ストレイ・レスキュー」に10月1日、悲痛な手紙が届いた。「シェル」というメスの犬を飼い、闘病の末に亡くなったというがん患者の女性からだった。
手紙にはこう書かれていた。

「親愛なるストレイ・レスキュー様。私の愛犬シェルを引き取っていただきたく、この手紙を書いています…ここ数カ月、がんと闘ってきましたが、もしこの手紙を読まれているなら、私はもうこの世にはいないということです。私のかわいい子の世話をしてくれる方が必要です…最近、この子に何が起きるかを心配してばかりいます。この子を愛しています。私の娘なのです」

 ストレイ・レスキューは翌2日、この手紙とシェルの写真をフェイスブックに掲載。シェルを無事に保護したことを報告し、誰か引き取ってかわいがってほしいと訴えた。

 愛犬を心から心配する女性の思いが切実に伝わってくるこの投稿は多くの人びとの胸を打ち、急拡散。約2000人がシェアし、4000以上の「いいね!」がつけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る