曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ヴィラージュ川端(奈良)ケーキを食べた後の余韻を楽しむ

公開日:

 安心・安全・美味をテーマにした洋菓子店「ヴィラージュ川端」は、奈良では有名な存在。素材感を大切にし、牛乳やバター、果物などにこだわって作るスイーツは、多くの甘党を魅了している。

 長年、生駒の小平尾町で店を営んでいたのだが、2017年に第二阪奈道中町IC近くに移転し、広々とした喫茶スペースを有する店として評判を呼んでいる。外観は洋菓子店とは思えぬ酒蔵造り。暖簾を掛けて杉玉を吊るすなどまさに和風。だが一歩店に入ればモダンな洋菓子店が展開。触れるものは全て本物の木と、癒やしの空間が迎えてくれるのだ。この店はベテラン洋菓子職人・川端繁隆さんの経営だが、店自体は子息の川端崇靖さんに任せている。パンチを利かすのではなく、食べた後の余韻を楽しんでもらうべくケーキを作っているという。

 前述したように「ヴィラージュ川端」の特徴は、素材のこだわりにある。牛乳は牧草を食べて育つ乳牛から搾ったものを使用。低温殺菌で乳脂肪均質処理を行っていないので、牛乳本来の味と風味がいきている。また甘味も食後の血糖値上昇をゆるやかにする希少糖を使ったり、小岩井牧場の発酵バターやバタークリームにはカルピスバターを用いるなど、かなり材料費をかけて作っているという。自慢の洋菓子はティラミス(620円)、奈良抹茶のムース(650円)など。私が食した紅茶チョコ(620円)は文字通り紅茶のムースにチョコレートをトッピングした一品だが、実に軽い甘さで、店が訴える“残心”なる言葉が実感できるものである。素材の味を損なわぬよう控えめな甘さにしているのがよくわかる。

(住)奈良市石木町368―1
(℡0742・93・6768)
(営)10~19時。休み/火曜

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る