ガス爆発で家全壊から3週間…無事発見された“奇跡のネコ”

公開日:  更新日:

 米カンザス州トピカで7月19日、暴風雨が原因でガス漏れが発生し、大爆発が起こり、アシュリー・ナドーさんと生後9カ月の娘ロザリーちゃんが住む一戸建ての家が全壊した。

 2人は事故当時、別の場所に避難して無事だったが、2匹の飼いネコが行方不明になっていた。

 その2匹が爆発事故から3週間もたってから相次いで生きて発見され、「奇跡のネコ」と注目を集めている。

 地元紙トピカ・キャピタル・ジャーナル(8日付電子版)によると、行方不明になっていたのは白ネコの「クニミツ」と黒ネコの「ミスター・ティッブス」。

 クニミツは8月7日、家の近くの配管の中に隠れていたところを発見された。耳と体の毛が少し焦げていたものの、元気はつらつだという。

 同紙によると、アシュリーさんはフェイスブック(一般非公開)に「奇跡です。毎晩、この子を見つけることを夢見ていました」とコメント。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る