「湖池屋プライドポテト」 素材を厳選し40億円の売り上げ

公開日:  更新日:

 プレミアム路線のポテトチップスとして昨年2月に発売すると大ヒット。快進撃を続ける湖池屋の「KOIKEYA PRIDE POTATO」(以下=湖池屋プライドポテト)に注目したい。

 1962年の「湖池屋ポテトチップス のり塩」発売以来、日本産のじゃがいもにこだわってポテトチップスをつくり続けてきた湖池屋。日本のポテトチップスのパイオニアがその原点に立ち、老舗のプライドをかけて完成させたのが「湖池屋プライドポテト」である。

「2016年にコーポレートブランドの統合を実施したのがきっかけ。スナック菓子は価格競争により低価格化が進んでいるが、その割に販売個数が伸びていない。市場全体が低迷する中で考えたのは、価値を高めること。“新生湖池屋”の象徴となる第1弾商品として、創業時代の思いを持って、今できる最高のポテトチップスを追求した」(マーケティング部課長の野間和香奈氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る