• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

VIEW BAR(神戸)人気のテラス席がこの夏も大評判

 三都のうちで一番開放感が強いのが神戸。海や山があるためにそう思うのかもしれない。神戸港を眺めながら一杯飲めると評判なのが、神戸メリケンパークオリエンタルホテル14階に位置する「VIEW BAR」である。この店は、景色がいいばかりではなく、バーには珍しくテラス席が設けられ、外気にあたりながらお酒が飲める。バーテンダーの田淵厚さんは「年中座れはしますが、やはり使用したくなるのはこのシーズン。とくにカップルには好評ですね」と話す。

「VIEW BAR」ではテラス席料にフレッシュフルーツカクテルが各一杯ずつと、つまみが付いたプラン(2人で8000円)を設けており、予約すればそれも適用できるそう。ちなみに普段は席料(1人1080円)を払えば、テラス席が利用できる。

 ところで田淵さんは、カクテル名人で、彼の作る一杯は個性的。中でもシンガポールスリング(1540円)は、一般的な日本のレシピとは少々違っている。ジン、パインジュース、チェリーリキュール、グレナデンシロップ、レモンジュース、少量のソーダで作るそれは、一般のものよりソフトなタッチ。ホテルなのでバー初体験者も訪れるから、アルコール度を若干抑えているのだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る