• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

肉汁を逃さない 「ローリング巻き巻き焼き」の新食感

 焼いた肉は肉汁とともに食べてこそおいしいのですが、大判の薄切り肉は一口で食べるのが非常に難しいですよね。そして、一口で食べられないということは、肉汁の喪失を意味します。そこで生まれたのが「ローリング巻き巻き焼き」です。大判の薄切り肉をくるくると俵のように巻いていき、ロールケーキ状に仕立ててから焼き上げる技です。俵状に巻くことで一気に肉を口に運べるようになりますし、外側と内側の食感の違いも楽しめるようになるのです。

 まずは対象の肉を焼き網に広げます。次にトングか箸を使って、肉の端からもう一方の端に向けて肉をロールしていきます。この時に注意してほしいのは、ほどけないようにキツめに巻き付けることです。かっちりと俵状にまとまったところで、優しく網の上で転がしながら、全体にむらなく焼き上げます。

 焼き上がりは、中心部がレアで外側は少し焦げた状態になるので、全く違う食感を同時に味わうことができるのです。ワサビが好きな方でしたら、大判の肉を広げたときに中心部にのせ、ローリングの技を駆使して味わうという技もあります。ほどよく溶け出した脂とワサビが混然一体となり、肉のうま味がグンと立ってきます。醤油をつけて召し上がるとおいしいですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る