• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ニンジンのポタージュをかけた茶碗蒸し】現代の青森料理

 店のホームページを開くと、「Bois Vert meets AOMORI」「LOVE AOMORI」という文字が流れる。青森愛にあふれる川口かずのりシェフが目指すのは、“青森の大使館レストラン”だ。

「映画の予告編を見ると本編も見たくなりますよね。その予告編がボワ ヴェールの料理。ここに来たら青森に行きたくなりますよ、でも本編はぜひ青森で。青森で食べたら、もっとおいしいですよ、楽しいですよ、とお客さまに伝えたい」

 メニューのあちこちに青森の地名が躍り、青森産のワイン、シードル、日本酒、焼酎が棚に並ぶ。今回紹介いただく5品ももちろん、すべて青森食材を用いたもの。かつて、ある食品卸売会社の担当者に「青森のことを事細かに知っているのは、民間では川口さん」と言われたこともある。そんな川口シェフに対し、誰もが何の疑いもなく思うだろう。シェフは青森県出身だ、と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

もっと見る