残間里江子さん<1>「一生働ける仕事に就くこと」を夢見た

公開日: 更新日:

 子供のころに思い描いた将来は「一生働ける仕事に就くこと」だった。仕事に恵まれない父親の背中を見ながら、貧しい環境で育った残間さんにとって、それは教訓めいた現実的な夢だった。

「小学校のころは、その日に食べるお米にも困るほど極貧でした。夜中にトイレで起きたとき、米びつにしていたブリキ缶をのぞき込み、残りが茶碗1杯ぐらいしかないときは『あっ、明日はおかゆなんだ……』と覚悟する。そんな環境で育ったんです」

 給食費も数カ月滞納していた。遠足費など学校にお金を持っていかなければならないときは、どのタイミングで親に話そうかと、迷うこともあったという。

「屈託だらけの子供時代でしたね。幼いころから、人は表面的に明るく笑っていても心の内側では違うことを考えているように感じていました。私自身が貧富で言えば『貧』の側でしたし、正か負かと言えば『負』のサイドにいた人間でしたから、人の持っている裏の顔に、関心や興味があったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る