谷川真理さん<1>ツアコンになりたくて高卒後は専門学校へ

公開日:

 1991年東京国際女子マラソン、94年パリマラソンでの優勝など、華々しい成績を残してきた。現在も現役のマラソンランナーとして、多くの人に走る楽しさを広めているが、マラソンを始めたきっかけはOL時代の昼休みに皇居ランナーを見かけたことだった。そこから世界のトップランナーにのし上がったというのだから異色の経歴である。いったい、どんな会社員人生を歩んできたのか。

 高校卒業後は「一橋スクールオブビズネス」という専門学校に入ったんです。当時はなんとなく「ツアーコンダクターをやりたいなぁ~」なんて考えていて。今はもうなくなりましたが、簿記や英会話など、さまざまな実務を学べる学校でしたね。

 高校は校則も厳しかったですし、入っていた陸上部の練習も厳しかったので、そんな縛られた世界から解き放たれたいなと思っていたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る