日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

虚偽記載疑惑報道をスルー 東芝に見える“被害者意識”

綱川社長は開き直って会見場を後にした(C)日刊ゲンダイ

 6月末の提出期限を2カ月も遅らせた決算発表は何だったのか。今月1日、ケリがついたとみられていた東芝の赤字決算を巡って、証券取引等監視委員会が、有価証券報告書の虚偽記載の疑いで調査すると報じられた。報道を受けて東芝株は一時、5%下落。市場が揺れたが、綱川智代表執行役社長は、会見も…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事