日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

半藤一利さん<5> 井上靖さんのひとことで決まった芥川賞

半藤一利さん(C)日刊ゲンダイ

 1956年3月、「太陽の季節」が刊行されました。同年1月、石原慎太郎さんはこの作品で芥川賞を受賞しましたが、私は、そのときの選考委員会のお手伝いに出ていました。

 まだ25歳でしたから、2人いるお手伝いのひとりとしてですが、選考委員の作家さんたちが…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事