日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

年収2000万円でも家計カツカツ “粉飾セレブ生活”のリアル

 現金2万8000円が入ったバッグを奪い、強盗で逮捕されたメリルリンチ日本証券社員の米国籍の男(45)は5年前、東京・上目黒に1億円の一戸建てを購入。毎週末に妻子と外食するセレブな暮らしを送っていたのは、日刊ゲンダイの既報通りだ。

「外資系金融には20代で年収1000万円もザラにいて、メリルで40代なら2000万円は下らないはずです。でも見えっ張りも多いから、そのぶん支出も多い。不思議なもんで、年収が上がるにつれて『金がない』とボヤく連中が増える。要するに身の丈以上のぜいたくをしているんですが、家族や友人知人の手前、引っ込みがつかなくなっていたりするんです」

 そう言って苦笑いする外資系金融マンの直樹さん(39=仮名)も、引っ込みがつかなくなっているひとりだ。

 8年前に大学時代の同級生と結婚。妻は専業主婦で、名門私立に通う小学校低学年の娘がいる。娘の出産を機に、8000万円する都心のタワーマンションを頭金2000万円、残りを20年ローンで購入。月々の返済額は約28万円という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事