日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK朝ドラ「ひよっこ」で脚光 茨城北部はレジャーの穴場

 NHKの朝ドラ「ひよっこ」の視聴率が20%を上回り、一時期の低迷を脱しつつある。その盛り上がりから、ドラマの舞台にもなっている茨城県への注目も高まっているという。

「『ロケ地はどこか』といった問い合わせは確かに増えています。しかし、ドラマの設定は架空の村なので詳細なロケ地の公表は控え、県北部という表現にとどめています。それでもドラマは、県北部をPRするには格好の材料。今後は、お土産品にドラマのロゴを工夫したシールを貼るなどしてアピールしていきたい」(同県常陸大宮市商工観光課)

 同市のほか、日立市、常陸太田市、大子町、高萩市、北茨城市の6市町がタッグを組むという。

 茨城というと、“知名度ランキング最下位”で知られるだけに、汚名返上のチャンスというわけだが、決してそんなことはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事