日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島を超える規模 東京・永田町に原爆投下で即死45万人

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 1945年8月6日、広島市には27万人が住んでいたと推定されている。その半数を超える14万人が、爆風、熱線、放射線などの影響を受けて即時に死亡した。

 その3日後に原爆が投下された長崎は、市民24万人のうち7万3000人が同じように亡くなっている。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事