日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ニンジンのサラダ クミン風味】カレー風味のなます

スパイス・カフェ(東京・文花)

 日本でインド料理店といえば、乳製品を多用してとろみとコクがあるカレーにナンをつけて食べる北インド料理が主流だ。一方、南インドでは、ココナツミルクを使ってサラッとしたカレーを米に馴染ませて食べるのが一般的。だが、インドではカレーひとつをとっても、地方ごと、村ごとに味も作り方も異なる。伊藤シェフは世界一周の途中にインドを旅行していて、そのバリエーションの多さに驚いたという。

 今日使うクミンは、そのカレーの香りを醸し出すスパイス。

「油で加熱してはじけさせて風味を立たせます。ただし、炒め過ぎて焦がすのは禁物です」(伊藤シェフ)

 フライパンに油とクミンシードを入れて弱火にかける。フツフツと泡が出てきて、クミンシードが黄色になり、パチパチという音が止まったら、火からおろしてジュッとニンジンのサラダにかける。香ばしいカレーの匂いが広がる。

 白ワインビネガーがなければ、普通のお酢でもOK。好みで大葉などを散らしてもいい。ハイボールの他に焼酎の水割りにも合う。

《材料》
ニンジン         適量
クミンシード       適量
白ワインビネガー     適量
塩            少々
サラダ油         少々

《レシピ》
(1)ニンジンを千切りにする。
(2)①を塩、白ワインビネガーと和え、味を調える。
(3)クミンシードをサラダ油で炒め、油にクミンの香りを移す。
(4)熱々のクミン風味香味油を②にかける。

今日の達人 伊藤一城さん

▽いとう・かずしろ
 1970年東京都生まれ。大学卒業後に4年間勤めた会社を辞め、96年から3年半で5大陸48カ国を回った。帰国後にイタリア料理店で1年間、インド料理店で2年間、スリランカ料理店で1年間のシェフ修業を経て、2003年に「スパイス・カフェ」を開業した。

▼スパイス・カフェ
 東京スカイツリーにほど近い下町情緒が残る一角にある築50年の木造アパートをカフェに改築。ランチは水・木・金曜の11時半~15時(LO14時)。ライス、副菜、ドルチェ、ドリンク付きでカレー1種1100円、カレー2種1400円。ディナーは水~日曜の18~23時(LO20時半)。完全予約制で、スパイスの楽しさを表現した7皿のコース(5000円)のみ。
東京都墨田区文花1―6―10
℡03・3613・4020

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事