• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

批評家が厳選…猛暑の夏に背筋が凍る「恐怖映画DVD」特集

 この夏、東京で初の最高気温40度超えを記録。さらに埼玉県熊谷市では観測史上最高気温41.1度と、各地で歴史的猛暑が続いているが、そんな寝苦しい夜には恐怖映画がよく似合う。酷暑の夏に背筋が凍る、本当に怖い映画DVDを大紹介!

■ホラー上級者でも悶絶する最恐クラス「アナベル」

 最初に紹介するのが、いきなり最強クラスの恐怖映画「アナベル 死霊人形の誕生」。幼い娘を悲惨な事故(このシーンがまたヤバい)で亡くした人形職人が、亡き娘のために作った人形アナベル。時が過ぎ、封印されたアナベルが“眠る”屋敷を訪れたシスターと6人の少女のコワすぎる運命とは!? “黒”と呼びたくなるほどに深い闇の表現が巧みで、その中に何かがうごめく演出は新鮮かつどうしても慣れない。また、悪霊の登場&襲撃パターンがさっぱり読めないため、上級者でもかなりキツい。終わりに近づくほどシャレにならない怖さになるので、最後まで見るには相当な覚悟が必要だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る