大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

大杉漣さん主演作が盛況 映画「教誨師」に込められた思い

公開日:

 この2月に亡くなった大杉漣さん主演作の「教誨師(きょうかいし)」がヒットしている。6日の公開以降、都内の有楽町スバル座では満席の回も出ており、満面に笑みを浮かべて喜んでいるであろう大杉さんの姿が目に浮かんでくる。

 大杉さんは、死刑囚と定期的に面談をする教誨師を演じる。本作の教誨師は、クリスチャンの牧師でもある。対する死刑囚は6人。映画は、教誨師と死刑囚の2人の対話でほぼ全編が進む。余分な話、描写がほとんど入り込まず、全く大胆な構成である。

 死刑囚は皆、さまざまな思いを抱いて教誨師と会話をする。2人がそれぞれ話を続けていくうちに、おのおのが犯した罪の茫洋とした形と現在の考え方、接し方などが見えてくる。ただ、罪の具体性はわからない。罪の具象は観客の想像力に委ねていくから、通常の犯罪劇とはまるで違う。


 だから、次第に俳優陣の演技そのものが、映画の中心点にくることがわかってくる。大杉さんと烏丸せつこ、光石研、古舘寛治らベテラン勢が繰り広げる緊迫感あふれる演技からは、演じることの原点が詰まっているかのような印象を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る