大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

大杉漣さん主演作が盛況 映画「教誨師」に込められた思い

公開日: 更新日:

 この2月に亡くなった大杉漣さん主演作の「教誨師(きょうかいし)」がヒットしている。6日の公開以降、都内の有楽町スバル座では満席の回も出ており、満面に笑みを浮かべて喜んでいるであろう大杉さんの姿が目に浮かんでくる。

 大杉さんは、死刑囚と定期的に面談をする教誨師を演じる。本作の教誨師は、クリスチャンの牧師でもある。対する死刑囚は6人。映画は、教誨師と死刑囚の2人の対話でほぼ全編が進む。余分な話、描写がほとんど入り込まず、全く大胆な構成である。

 死刑囚は皆、さまざまな思いを抱いて教誨師と会話をする。2人がそれぞれ話を続けていくうちに、おのおのが犯した罪の茫洋とした形と現在の考え方、接し方などが見えてくる。ただ、罪の具体性はわからない。罪の具象は観客の想像力に委ねていくから、通常の犯罪劇とはまるで違う。


 だから、次第に俳優陣の演技そのものが、映画の中心点にくることがわかってくる。大杉さんと烏丸せつこ、光石研、古舘寛治らベテラン勢が繰り広げる緊迫感あふれる演技からは、演じることの原点が詰まっているかのような印象を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る