女子十二楽坊が初音ミクとコラボ メンバーから歓声あがる

公開日:

 あの女子十二楽坊が来月、日本公演を開催する。彼女たちといえば、中国の音大卒のエリートで美人という才色兼備の集団で、今回は10人の新メンバーを加え、新たなコラボにもチャレンジ。バイオリニストの川井郁子やバーチャルアイドルの先駆け・初音ミクとも“競演”するというから楽しみだ。プロモーションで来日したリーダーの石娟(シー・ジュエン)氏はこう話す。

「初音ミクさんとコラボするとメンバーに伝えると、歓声が沸きました。中国でも初音ミクさんは人気なんです。初音ミクさんが中国語で歌を歌ったり、映画『君の名は。』の主題歌でRADWIMPSさんの『前前前世』などをコラボ演奏する予定です」

 新メンバーが加わり、変化はあったのだろうか?

「以前から採用基準は変わらず、音大卒が大前提。さらに顔とスタイルも重要視しています。今は23、24歳が中心で、平均年齢が若返りましたね(笑い)。今回のメンバーは揚琴が1人、琴2人になり、より低音の重厚感のある音になっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る