なぜ後継者は近藤真彦や東山紀之はではなかったのか

公開日: 更新日:

 新社長に藤島ジュリー景子氏(52)、プロデューサーに滝沢秀明(36)という新たなコンビで巨大アイドル王国を牽引することになったジャニーズ事務所だが、「意外な形だ」という声も少なくない。

 後継者として早くから名前が挙がっていたのがマッチこと近藤真彦(54)と少年隊の東山紀之(52)だった。元ジャニーズ担当記者が振り返る。

「2人とも将来の幹部候補といわれていた時期がありました。特に東山はジュリー氏と同年齢。気心が知れた仲です。結婚の噂もあったほどですが、役者として一本立ちした今、経営などにタッチする意思はない。逆に近藤のほうが経営幹部に入る可能性は高くなっていました」

 近藤は所属タレントの最年長として後輩の面倒見もよく、メリー喜多川副社長(91)から絶対的な信頼を得ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る