保釈金は三田佳子が? 高橋祐也は今度こそ更生できるのか

公開日: 更新日:

「2世タレントの事件では、清水アキラさんの三男で、昨年10月に覚醒剤事件を起こし、執行猶予3年の判決を受けた清水良太郎の近況が印象的でした。 フライデーによると、引っ越しのアルバイトに就きながら、仕事後はパチンコ店に入り浸り。負けるたびに借金を重ね、2000万円を超えているというのです。闇カジノ通いを報じられ、謹慎後の覚醒剤逮捕で呆れられたものですが、まだギャンブル依存の生活を続けていた。事件後、清水アキラさんは営業のギャラを下げて働きまわっているそうですけど、そんな親心、子知らずといったところでしょうか。親が生きている間は、ありがたみにも甘やかされていることにも気がつかないのでしょうね」

 渋谷署に祐也を迎えに来た父・高橋康夫氏の車には高齢運転者を表示するもみじマークが……。両親はともに齢77。それでも親にすがれば何とかしてくれる――。そんな考えが1ミリでもあるとしたら、本当の更生や社会復帰は到底無理だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る