保釈金は三田佳子が? 高橋祐也は今度こそ更生できるのか

公開日:  更新日:

「2世タレントの事件では、清水アキラさんの三男で、昨年10月に覚醒剤事件を起こし、執行猶予3年の判決を受けた清水良太郎の近況が印象的でした。 フライデーによると、引っ越しのアルバイトに就きながら、仕事後はパチンコ店に入り浸り。負けるたびに借金を重ね、2000万円を超えているというのです。闇カジノ通いを報じられ、謹慎後の覚醒剤逮捕で呆れられたものですが、まだギャンブル依存の生活を続けていた。事件後、清水アキラさんは営業のギャラを下げて働きまわっているそうですけど、そんな親心、子知らずといったところでしょうか。親が生きている間は、ありがたみにも甘やかされていることにも気がつかないのでしょうね」

 渋谷署に祐也を迎えに来た父・高橋康夫氏の車には高齢運転者を表示するもみじマークが……。両親はともに齢77。それでも親にすがれば何とかしてくれる――。そんな考えが1ミリでもあるとしたら、本当の更生や社会復帰は到底無理だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る