保釈金は三田佳子が? 高橋祐也は今度こそ更生できるのか

公開日:  更新日:

 高橋被告の逮捕を受け、三田は「もう力及ばずの心境です。自らの責任と覚悟をもって、罪を償って生き抜いてもらいたい」とコメントしていた。額面通りに受け取れば、もう面倒は見ないとの宣言にも見える。しかし同被告が1998年に最初に逮捕された際から取材しているという記者はこう続けた。

「高校生の祐也に月額50万円の小遣いを渡していたことが明らかになり、三田さんはバッシングを浴びました。ところが2度目に逮捕された2年後も30万円を渡していたことが明らかになった。さらにその後も唐十郎の劇団に入れたり、CDデビューさせたりとバックアップし、2010年に結婚後は月額160万円もの援助を祐也にしていたんじゃないかと一部で報じられている。そんな親バカの過去からみて、また祐也被告から、すがられたら、なんだかんだ言っても応じてしまうかもしれません」


 更生しようにも、顔も名前も知られている2世タレントはなかなか普通の仕事にありつけない。覚醒剤事件の前科があればなおさらなのだろう。最近は芸能界に戻るのも簡単じゃない。そうしたこともあって、また犯罪に手を染めてしまうのか。芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る