保釈金は三田佳子が? 高橋祐也は今度こそ更生できるのか

公開日: 更新日:

 高橋被告の逮捕を受け、三田は「もう力及ばずの心境です。自らの責任と覚悟をもって、罪を償って生き抜いてもらいたい」とコメントしていた。額面通りに受け取れば、もう面倒は見ないとの宣言にも見える。しかし同被告が1998年に最初に逮捕された際から取材しているという記者はこう続けた。

「高校生の祐也に月額50万円の小遣いを渡していたことが明らかになり、三田さんはバッシングを浴びました。ところが2度目に逮捕された2年後も30万円を渡していたことが明らかになった。さらにその後も唐十郎の劇団に入れたり、CDデビューさせたりとバックアップし、2010年に結婚後は月額160万円もの援助を祐也にしていたんじゃないかと一部で報じられている。そんな親バカの過去からみて、また祐也被告から、すがられたら、なんだかんだ言っても応じてしまうかもしれません」


 更生しようにも、顔も名前も知られている2世タレントはなかなか普通の仕事にありつけない。覚醒剤事件の前科があればなおさらなのだろう。最近は芸能界に戻るのも簡単じゃない。そうしたこともあって、また犯罪に手を染めてしまうのか。芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る