「レザボア・ドッグス」拷問と謎解きが交差する“任侠映画”

公開日:

1992年 クエンティン・タランティーノ監督

 29歳のタランティーノ監督を世界に知らしめた傑作。香港映画「友は風の彼方に」のパクリだが、ハリウッドに新風を吹き込んだ。

「ミスターホワイト」「ミスターブラウン」など色で呼ばれる6人のギャングが宝石店を襲撃した。店には警官が待ち構え、ホワイト(ハーベイ・カイテル=写真・AP)と一緒に逃げたオレンジ(ティム・ロス)は腹を撃たれて苦しむ。2人が待ち合わせの倉庫にいるとピンク(スティーブ・ブシェミ)が到着して仲間に裏切り者がいたと言い張り、ブロンド(マイケル・マドセン)は拉致した警官を拷問するのだった。

 レストランの会話から襲撃後に話が飛び、宝石店での見境のない殺戮(さつりく)が語られる。殺戮映像はないが、観客は逃走中の銃撃戦や二丁拳銃でパトカーに発砲する光景を見て凄惨な場面を想像する。低予算を独特の編集でカバーした。現在と過去が行き交うのは黒沢明の「羅生門」のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る