週刊誌で否定も…ジュリー副社長と滝沢秀明“不仲説”の真相

公開日:

 ジャニーズ事務所が創業してすでに50年の時が流れた。少年野球チームから発生した男性アイドルグループはジャニー喜多川社長(86)とメリー喜多川副社長(91)の姉弟による分業制を確立してきた。

 ジャニー氏が少年の発掘から育成、さらに舞台の演出を担当。弟の眼力で見いだされたタレントを姉のメリー氏はテレビや映画などの各分野へ売り込む。グループだけでなく、近年は個々の能力を見いだし役者、タレント、司会業、コメンテーターとしての売り込みも欠かすことはない。

「昔はグループ売りに特化していましたが、今は個の力を生かすことも定着したことで、アイドル寿命が長くなった。すべての分野でジャニーズタレントが頭角を現し、今やテレビ界を支配している。いないのはなぜかソロ歌手の分野ぐらいです(笑い)」(テレビ関係者)

 所属タレントが増えれば私生活の管理も難しい。スキャンダルを起こす確率も増える。熱愛だけでなく結婚にも対応しなければならない時代である。さらに酒や女性とのトラブルから独立騒動まで起きる。そのたびに「スキャンダル対応の陰にメリー氏あり」と言われるほどの辣腕ぶりはメディアも一目置く存在だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る