二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

映画で健闘ジャニーズ勢 キムタクは二枚目徹底も生きる道

公開日:

 今年の邦画界はカンヌ映画祭で最高賞を受賞した「万引き家族」、製作費300万円ですでに3カ月のロングランが続く大ヒットとなった「カメラを止めるな!」とまさに当たり年。そんななかジャニーズが誇る役者も大健闘している。先陣を切った山下智久(33)の「コード・ブルー」がヒット。木村拓哉(45)が“嵐”の二宮和也(35)と初共演した「検察側の罪人」も続いた。真打ち登場は“V6”の岡田准一(37)。名監督・木村大作氏とタッグを組んだ「散り椿」もヒット中。

 ヒットした要因はそれぞれ異なる。山下はテレビドラマの実写版。内容と役がハマった感もあり、違う作品で役者としての真価が問われることになる。木村は相変わらずぜいたくな共演者とテレビジャックのような宣伝など、木村に懸ける事務所の強い思いが今回も透けて見えていた。

「今回の映画はファンだけでなく大人もうならせる内容と演技で木村の評価が上がっただけに、そろそろ共演者頼りや過剰な宣伝から卒業する時期」と苦言を呈する声もある。一方で、“木村=カッコいい男”のイメージはすでに定着している。このままカッコ良さを保つ策もある。次回作「マスカレード・ホテル」でもカッコいいホテルマン役。「どんな役をやってもキムタク」と揶揄されようと、徹底して二枚目俳優を続けるようにも見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る