T・スウィフトは民主党支持 変わる芸能界と政治の距離感

公開日:

 アメリカ人歌手のテイラー・スウィフト(28)が8日、インスタグラムで民主党支持を投稿して話題になっている。「自分の肌の色、性別、性的指向にかかわらず、すべてのアメリカ人の尊厳のために戦う気にならない人に投票することはできない」とハッキリ意思表示をしたことで9日現在170万以上の「いいね!」を獲得。トランプ大統領が「テイラーの音楽が25%くらい嫌いになった」と応戦したこともあり、世界中に拡散した。

 テイラーは今まで政治的な発言はしてこなかったが、反トランプ宣言で旗幟を鮮明に。これで白人至上主義者の支持は失ったものの、若者からは絶大な支持を集めたともっぱらだ。

 アメリカではロバート・デ・ニーロやブルース・スプリングスティーンなど俳優や歌手が支持政党や政治信条を明らかにするのはフツーだが、翻って日本の芸能界ではマレだ。日本ではタレントが政治の話をすることはCMなどスポンサーへの配慮もあってタブー扱い。8月に安室奈美恵(41)が翁長沖縄県知事の逝去の際、自身のサイトで追悼のメッセージを述べたことは驚きをもって受け止められた。安室の言動はその後の知事選へも影響を与えたが、政治評論家の有馬晴海氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る