フジ月9では好発進 織田裕二「SUITS」は“脇”がよかった説

公開日:

「“脇”がよかったんじゃないの」(テレビ誌ライター)なんてシニカルな声もある。8日スタートの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)の話。

 30分拡大版の初回平均視聴率は14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、前クールの「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の初回を3・6ポイント上回った。低迷がささやかれる月9としては、なかなかの好発進といえるだろう。

「10年ぶりの月9主演の織田裕二(50)と、織田演じる敏腕弁護士の事務所所長役の鈴木保奈美(52)が『東京ラブストーリー』以来、実に27年ぶりの共演! なんて数カ月前から話題づくりに躍起だった割には、ビミョーな数字ですね。SUITSの放送直前に、14年ぶり7回目の東京ラブストーリーの再放送も流し、『街が公衆電話だらけ』なんて驚く若い世代の声がネット上にあふれていたにもかかわらず、物足りない」(前出のテレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る