清水健太郎ともう1人…有名人「薬物逮捕」の最多6回組は

公開日: 更新日:

 少し前になるが、先月、三田佳子(76)の次男の高橋祐也(38)が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された。この手の犯罪では逮捕が複数回で何回目かが話題になるが、整理してみよう。

 まず名前が浮かぶのは清水健太郎(65)。薬物使用で6回の逮捕歴。五輪体操選手だった岡崎聡子(57)は定期的に発覚し、13年には4年ぶり6度目の逮捕。この2人が最多回数だろう。

 著名人に限れば、なんと高橋の4回はこれに続く堂々の3位。田代まさし(62)は盗撮などの逮捕・書類送検を除いて3回。大きな話題となったが、清原和博(51)や酒井法子(47)は逮捕は1回。

 そして気になるのは復帰や芸能界に与える影響だ。元光GENJIの赤坂晃(45)は2度の逮捕歴があるが、服役を終えて数年たち、今年8月にソロライブを行った。限定的なライブやコンサートはやれても、テレビやラジオはスポンサーやコンプライアンスの問題でまず無理。映画もハードルが上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る