クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

エル ELLE(2016年、仏国)

公開日: 更新日:

 白昼堂々のレイプシーンから始まるサスペンスの主人公は、被害者の女社長。幼少時、連続殺人を犯した父と一緒に殺人現場にいたことから、警察を嫌い、通報せず、自ら犯人捜しを決意する。まさかその勇ましい行動が、内に秘める“魔性”のベールをはぐキッカケになろうとは……。

 隣人のイケメンを窓から眺めながらオナニーしたり、過失を犯した部下に罰としてペニスを見せるよう強要したり。変態の限りを尽くす過程で、親友から「夫が浮気している」と告白される。続けざまに「帰宅後の夫のペニスに鼻をつけて、においを嗅いでやりたい」と。

 今回のセリフはそれにうなずいた言葉。その浮気相手が本人だから、ムチャクチャだ。

 全編通してセクハラが描かれているが、人間の本能が色濃く出ていて、官能的でありながら、ユーモアさえ感じるのは気のせいじゃない。ヒットメーカーのポール・バーホーベンがそう仕向けているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る